【衝撃服装】ローラ、徹子の部屋に上半身透けまくっている服装で出演してしまう【画像あり】

2018年1月24日

ローラ、徹子の部屋にとんでもない服装で出演した結果…

モデルでタレントのローラが徹子の部屋に出演したのですが、その時来ていた服が衝撃的だと話題になっています。

なんと、上半身が誰の目に見ても透けているというのです。

これにはネットでも話題になり、キャプチャーもとられていたのでご紹介します。

ローラ(1990年3月30日 – )は、おもに日本で活動するバングラデシュ人のファッションモデル。身長165センチメートル、サイズ82-58-86。東京都出身。LIBERA所属。実父がバングラデシュ人、実母が日本人とロシア人のクォーター。

no title

モデルとしては雑誌『ViVi』への露出が著名。各種テレビ番組などへのタレントとしての露出も活発で、会話の直後に舌を出したり頬を膨らませたり、敬語が苦手なことから誰彼無しに、いわゆるタメ口で接するキャラクターで知られている

 

“ローラ”という名は米国のテレビドラマ『大草原の小さな家』の登場人物「ローラ」に由来する。幼少の頃に両親が離婚。実父の再婚相手となった中国人の継母のもとで育った。日本で生まれてすぐにバングラデシュへ移り現地のアメリカンスクールに通った。

 

小学校1年生の時に日本へ帰り、しばらくして再びバングラデシュへ移住。やがて父の仕事の都合に伴い9歳で日本へ再入国。本人いわく「この頃から日本語がうまくなった」という。

 

高校時代に渋谷でスカウトを受けてモデル活動を開始