【超級】瀬戸内寂聴の美人秘書がヤバ過ぎる!何だよこの体…【画像あり】

瀬戸内寂聴の美人秘書の全貌がヤバ過ぎると話題に

天台宗の尼僧であり、小説家としても活動している瀬戸内寂聴の秘書に注目が集まっています。

テレビで紹介された際に「ものすごく美人」「…大きい」と反響を呼んでいました。

今回はそんな美人秘書についてご紹介していきます。

瀬戸内 寂聴

Setouchi Jakucho.png

日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。

僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。

元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。

1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまでの著作により多くの文学賞を受賞した。

https://ja.wikipedia.org

↓↓次のページに続く↓↓