【衝撃事実】ゴミ屋敷清掃専門業者が明かす実態がヤバ過ぎる!利用者の7割は看護師で…

ゴミ屋敷清掃専門業者が明かした利用者の実態がこちら

テレビなどでたまに特集が組まれるゴミ屋敷清掃ですが、その実態はあまり知られていません。

特に、利用者は一体どのような人なのかなど気になる点も多く存在します。

今回、ゴミ屋敷清掃専門業者が利用者の実態を明かしているので、衝撃の内容と共にご紹介します。

ごみ屋敷(ごみやしき)とは、ごみが野積みの状態で放置された、ゴミ集積所ではない建物(主として居住用)もしくは土地のこと。居住者が自ら出すごみはもとより、近隣のごみ集積所からごみを運び込んだり、リサイクル業を営んでいるとしてごみを溜め込んだりする。

精神医学の見地では、強迫性障害(OCD)のひとつに強迫的ホーディングがあり、異常行動のひとつの類型として「収集癖」(Hoard、死蔵・退蔵・保蔵、もしくはHoarding、ホーディング)が生じることが報告されている[1]が、ごみ屋敷の発生理由については定説はない。

悪臭やネズミ、昆虫(特に害虫)の発生等により近隣の住民に被害が及ぶほか、ボヤや放火などの犯罪に遭いやすいことから問題視されており、主に民放テレビキー局のワイドショーやニュースで報道され、社会問題として取り上げられている。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓