【泣ける話】生活に困窮して母親の形見の金のネックレスを売りに出すことに。しかし、宝石店の店員がその金のネックレスを…!!【動画あり】

母親の形見を宝石店で売ろうとしたら店員が衝撃的な行動に出る

「役に立つ時が来るから」と、母親から形見を受け取る。

今回は金のネックレスを生活が困窮してしまったため売りに出そうとした夫婦をご紹介します。

一時しのぎのために形見を売るのは悲しみしかありませんが、この宝石店の店員は一味違ったようです。

形見 カタミ

1 別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品、また、遺児。「父の形見の万年筆」
2 過去を思い出させるもの。記念の品。「旅の形見とする」

https://kotobank.jp/word/

↓↓次のページに続く↓↓