【愕然】樹齢1000年の巨木に車が通れるサイズの穴を開けた。それから130年後、まさかの事態が…【画像あり】

樹齢1000年の巨木に穴を開けた130年前の人たち。現在その場所を見に行くと…

木の寿命は数百年、長いものだと5000千年にもなると言われています。

今回は樹齢1000年の大木に車が通れるサイズの穴を開けた人々にまつわる実際の話です。

130年前と現在の比較写真もあるのでご紹介します。

樹齢

関連画像

樹齢(じゅれい)とは木の年齢のことである。

年輪を調べることで樹齢を決定することができ、これがもっとも確実な方法とされる。対象木が天然記念物であったり病気であったりするなど伐って年輪を調べることが困難な場合には、林野庁では「成長錘(せいちょうすい)」と呼ばれる細い円筒状のドリル状の器具を突き刺し、直径5mm程度の年輪の標本を取り出し、年輪を数える。

抜き取った標本は測定終了後に元に戻している。これ以外にも樹高、幹の周径、根回りなどから推定したり、対象木の記載のある文献記録を調査する方法もある。

wiki

 

カリフォルニア州の巨木

関連画像

今回は、カリフォルニア州にあるカラベラス・ビッグツリーズ州立公園に生えていたセコイアデンドロンという巨木に関する話を紹介します。

ある悲しい出来事が、この巨木の運命を変えることに‥

↓↓次のページに続く↓↓