【衝撃事実】カップ焼きそばを湯切りした後のフタに付着するキャベツに衝撃の真実が判明

カップ焼きそばのフタの裏に取り残されたキャベツの末路がヤバい…

カップ焼きそばにお湯を注いで捨てる時、フタの裏にかやくのキャベツが付着したまま捨てる人は多いと思います。

しかし、そのフタの裏に付いたキャベツには衝撃的な末路が待ち構えていました。

「カップ焼きそば」の画像検索結果

カップ焼きそば(カップ焼そば、カップやきそば)とは、日本発祥で、カップ麺のうち焼きそばを模したものを指す。袋麺タイプも含めた「インスタント焼きそば」の1ジャンルである。

通常のカップ麺と同じく、熱湯を用意するだけで調理可能である。カップ麺の特性上、袋麺タイプの「インスタント焼きそば」と違って「焼く」調理過程がなく、厳密には焼きそばではなく「焼きそば風」のカップ麺である。21世紀初頭では袋麺タイプのものよりも広く浸透し、定着している。

需要として、季節的には春から夏にかけて売上が伸びる傾向となっている。

スープを伴う通常のカップ麺とは調理方法が違い、湯をそそいで所定の時間(3分程度)が経過した後、蓋に設けられている湯切り口を開けてそこから湯を捨て、その後にソースまたは調味料を掛け、かき混ぜて調理終了となる(詳細は後述)。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓