【衝撃真相】ぎょう虫検査が廃止になった本当の理由がこれだった!今まで一体何してたんだ…

ぎょう虫検査が廃止になった理由が判明してしまう

皆さんは小学校の時にぎょう虫検査をしたことはありますか?

おそらくほとんどの人が経験したことがあると思いますが、なんとこのぎょう虫検査が2015年に廃止となっていました。

その理由を調べましたのでご紹介します。

ぎょう虫検査

ギョウチュウ(蟯虫、英語: Pinworm、学名:Oxyuridae)とは、線形動物門双腺綱旋尾線虫亜綱蟯虫目蟯虫科に属するものの多細胞生物の総称であり、動物に寄生する寄生虫である。

仮にヒトがヒトギョウチュウに寄生されたところで、そのヒトが特段に栄養状態の悪い環境に置かれていなければ、腸内でギョウチュウに食物を横取りされることなどによって起こり得る栄養障害などについては、ほぼ問題になることは無いとされる。しかしながら、ヒトの睡眠中にギョウチュウが行う産卵などの活動に伴って、かゆみなどが発生し、これによってヒトに睡眠障害が誘発され得る。

睡眠障害の結果として、日中の眠気や、落ち着きが無く短気になるなどの精神症状の原因となる場合があることが問題視されている。また、かゆみのために、ほぼ無意識に肛門周辺を掻いた跡が炎症を起こしたり、解剖学的に汚れやすい場所であることから掻いた跡が細菌などの感染を受ける場合がある。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓