【大歓喜】始球式に有り得ない格好で登場した相沢菜々子、投げる瞬間に見えるところが見える【動画あり】

2018年5月20日

相沢菜々子、始球式に最低限の布をまとって登場

モデルの相沢菜々子が2018年3月24日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで行なわれたイースタン・リーグ(2軍)公式戦、日本ハム対DeNA戦で始球式を行ったのですが…。

この格好は男性には堪らないと話題になっています。

相沢菜々子水着カップ

名前:相沢菜々子(あいざわ ななこ)
職業:モデル、タレント、理工学部の大学生
生年月日:1996年7月7日
趣味:ボウリング、旅行、読書
特技:クラシックバレエ、英会話、バトミントン、書道漢字5段
デビュー:2017年
事務所:アイズ

■人物
・理工学部の現役大学生モデル。

「鎌スタに、行ってきました。特別親善大使」として、3月ながら自慢のプロポーションを前面に出して投球。初の大役に緊張して、腕が思うように振れず、投球はバッテリー間の真ん中でバウンド。宣言していたノーバン投球とはいかなかった。「今日はめちゃくちゃ緊張して、計算が狂ってしまいました。もう1度研究を重ねて仕切り直しです」と、大学の理工学部に在学するリケジョらしいコメントで振り返った。

↓↓次のページに続く↓↓