【衝撃末路】父親から見放されて家を出た私。生活費も無いので知らない男に「私と遊びませんか?」と言った結果…

家を出て知らない男に「遊びませんか?」と持ち掛けたら…

父の度重なる身勝手な行動に

嫌気がさした私は家を飛び出し、

一人暮らしをすることとなった。

しかし、お金はすぐに底をつくこととなる。

街に立って親切そうな人に

こちらから声をかけることにした。

 

良さそうな人は

なかなか見つからない。。。

 ようやく優しそうな30代くらいの人に目を付けた。 
声をかける前に目が合った。

115

 

「何か?」

「あの…」

練習したはずなのに、

私と遊びませんか?

 

とは言えなかった。。。。

じろじろ見られた。

警察の人かもしれないと思っておびえ

「家出?」

 

と聞かれ、

頷く私。

「お金がない?」

 

また頷く。

「泊まるあては?」

 

首を横に振る。

男の人は少し考え込んだ。

 

そして・・・

↓↓次のページに続く↓↓