【衝撃】彼氏「ボンカレーを茹でたお湯でカップ焼きそばを作ってはいけない」私「なぜ!?」→衝撃の一言が…

ボンカレーを茹でたお湯でカップ焼きそばを作ってはいけない理由が…

Boncurry chori kara.JPG

ボンカレー(Bon Curry)は、大塚食品が発売するレトルトカレーの商品名で、同社の登録商標(日本第961090号)である。日本初のレトルト食品。甘口、中辛、辛口の三種類がある。現在の主流はフルーツベースのボンカレーゴールド、温色で描かれた同心円のパッケージで知られる。

商品名の由来はフランス語の形容詞 “bon” からきていて、「良い(優れた)、おいしい」という意味である。

一人暮らしの男性(独身)でも温めるだけで簡単に食べられることから「チョンガーカレー」という案もあった。

2018年、発売50周年を迎えた。

https://ja.wikipedia.org/

 

カップ焼きそば(カップ焼そば、カップやきそば)とは、日本発祥で[1]、カップ麺のうち焼きそばを模したものを指す。袋麺タイプも含めた「インスタント焼きそば」の1ジャンルである。

通常のカップ麺と同じく、熱湯を用意するだけで調理可能である。カップ麺の特性上、袋麺タイプの「インスタント焼きそば」と違って「焼く」調理過程がなく、厳密には焼きそばではなく「焼きそば風」のカップ麺である。21世紀初頭では袋麺タイプのものよりも広く浸透し、定着している。

需要として、季節的には春から夏にかけて売上が伸びる傾向となっている。

スープを伴う通常のカップ麺とは調理方法が違い、湯をそそいで所定の時間(3分程度)が経過した後、蓋に設けられている湯切り口を開けてそこから湯を捨て、その後にソースまたは調味料を掛け、かき混ぜて調理終了となる。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓