【真相】ローソンが未だにコーヒーを手渡しする理由がこちら

ローソンが未だにコーヒーを手渡しする理由・・

ローソンが未だにコーヒーを手渡しする理由…
日本のおもてなしを感じる理由があった…

 

コンビニの代表的商品として定着しつつあるコーヒー

 

今やコンビニのコーヒーは多くの人が利用する、
安くておいしいコーヒーの1つです。

本格的な味わいにもかかわらず、
100円程度で飲めるのでコスパは十分だと言えます。

多くのコンビニがレジで会計を済ませ、
自分でコーヒーを入れるセルフ方式を導入する一方で
大手コンビニのローソンだけが未だに手渡し方式を採用しています。

これでは定員さんの仕事が増えるばかりで非常に非効率な気もするが、
実はきちんとした理由があって手渡し方式を未だに続けているそうです。

ローソンが未だにコーヒーを手渡しする理由

なぜ手渡し方式を未だに採用しているのかというと

ローソンはコンビニコーヒーではなくカフェを目指している。

だそうです。

つまり手渡しすることでお客さんと接する機会が増え、
よりお客さんとの絆が深まるという意味の元、
手渡し方式を未だに採用しています。

とはいえ、現実問題では手間が増え、
定員さんにとっては負担になっているのが現状です。
サービスと効率化のバランスの難しいという意見もあります。

 

↓↓次のページへ続く↓↓