【強烈】調子に乗ってナメクジを食べた男性の1年後がこちら…【画像あり】

調子に乗ってナメクジを食べた男性の1年後が・・

 

ノリでナメクジを食べた男性…
意識不明になりそのまま1年以上昏睡状態に…

ノリでナメクジを食べた男性

2010年、オーストラリアに住むサム・バラードさん(当時19歳)が
友人たちとパーティ中、「ナメクジを飲み込んでみろ」と言われ、
本当に飲み込んでしまった結果、
病院へ搬送されるという悲劇が起こった。

その場のノリだったのかもしれませんが
そんな馬鹿げた行動のせいで
サムさんの人生は大きく変わることになりました。

 

意識不明になりそのまま1年以上昏睡状態に

ナメクジそのものには毒がありません。
しかし、ナメクジには寄生虫が沢山います。

特に注意をしなければいけないのが
「広東住血線虫」という寄生虫です。

ナメクジを食べたサムさんは病院へ搬送後、
「広東住血線虫症」だと判明しました。

サムさんはこの寄生虫に侵された影響で
「好酸球性髄膜炎」を発症し、昏睡状態に陥りました。

それから約420日間、
サムさんが目を覚ますことはありませんでした。

長い眠りの後、やっと目覚めたサムさんだったが、
そこに以前のような生活は待っておらず、
手足が麻痺し、車椅子による生活を強いられることに。

退院後も発作などに悩まされ、
24時間の介護を要することになりました。

↓↓次のページへ続く↓↓