【愕然】東京・スカイツリーに隠された都市伝説5選

東京・スカイツリーに隠された都市伝説とは・・

東京・スカイツリーに隠された都市伝説5選…

裏の情報に背筋が凍る…

 

東京のシンボルとしても人気のあるスカイツリーですが、
様々な都市伝説があります。

今回はそんなスカイツリーの都市伝説を紹介します。

 

1.江戸時代に建設が予言されていた

スカイツリーは2012年に開業した電波塔。

1997年頃に新しい電波塔を作ろうということで
東京タワーに変わる新しいタワーについて考えられるようになりました

しかしそんなスカイツリーが実は
江戸時代にはすでに存在が予言されていたという都市伝説がある。

というのも、江戸時代に残された浮世絵に
スカイツリーらしきものが描かれていたからです。

江戸時代は浮世絵が大流行した時代で
歌川国芳という有名な浮世絵師がおり、
彼が描いた「東都三ッ股の図」に当時には考えられない高い建造物があります。

江戸時代には、江戸幕府が威厳を保つためにと
江戸城よりも高い建造をしてはいけないといわれており、
当時こういった建造物はあってはいけないものでした。

↓↓次のページへ続く↓↓