【衝撃実情】新古車が出回る本当の理由がこちら!こんなシステムがあったのか…

新古車が出回る本当の理由がこちら・・

新古車(未使用車)が出回る裏事情…
新車と何が違うのか…

新古車とは

新古車とはナンバー登録をしただけで手放された未使用の車のことで
現在では「未使用車」と表記することになっています。

走行距離も短く、誰も乗っていないため、新品同様で非常にきれいな車です。

ナンバー登録しただけで手放したのは個人的な理由がある人もいますが、
だいたいが自動車メーカーと販売店の事情により、
新車が次々と新古車として中古車市場に流れているのが現状です。

 

新古車(未使用車)が出回る裏事情

ディーラーでは販売台数を上げる厳しいノルマが存在します。
その台数を達成するともらえるのが台数達成奨励金です。

例えばメーカーが月間ノルマ100台のディーラーA社に対して
目標達成したら1台あたり1万円支給すると伝えたとします。

A社はノルマの100台を達成すれば100万円が手に入ります。
しかし、ぎりぎり99台しか売れなかったら一銭も支給されません。

その上、目標未達成で地域の販売責任者会議の席上で
肩身の狭い思いをすることでしょう。

↓↓次のページへ続く↓↓