【お蔵入り】総合格闘家の青木真也、スタッフがあまりにも挑発的な質問をするので実力行使に出てしまう【画像あり】

青木真也、スタッフ相手にやらかす

関連画像

青木 真也(あおき しんや、男性、1983年5月9日 – )は、日本の総合格闘家、柔術家。静岡県静岡市出身。パラエストラ東京/Evolve MMA所属。柔道参段。ブラジリアン柔術黒帯。現ONE世界ライト級王者。元DREAMライト級王者。

寝技の極めの技術に非常に長け、数々の試合で一本勝ちを収め、日本の軽量級最高峰の寝業師として評価されていた。「跳関十段」(とびかんじゅうだん)、「バカサバイバー」の異名を持つ。
 
寝技に対する拘りは強く、「今の総合格闘技界は打撃偏重だからこそ、俺は寝技に拘る」と語っており、寝技について打撃によるKOが本人の意思とは関係なく起こるのと比べて、関節技や絞め技による一本勝ちは相手に自らの意思でタップさせることにより怪我のリスクを少なく、屈服させることが出来るので芸術的と語っている。
 
自身の(総合格闘技における)寝技の技術は世界一でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラよりも自分のほうが上である、という発言もしている。

自他共に認める格闘技おたくであり、近代柔道やレスリング、サンボのテクニック解説本を小学校3年生の時から収集しているなど研究熱心である。小、中学生の頃から地元で開催されるプロレスを観に行っていたという。

また、寝技だけでなく、打撃に対してもその研究熱心さは変わらず、マニアックなムエタイ戦士や日本では知名度の低い総合格闘家の名前や試合も数多く覚えており、インタビューなどでも度々その豊富な知識を披露している。打撃は大道塾吉祥寺支部やシンガポールのEvolve MMAで練習している。

 
↓↓次のページに続く↓↓