【歴史】現在の厚手の白衣になる前の白衣がヤバ過ぎる!!これは触られても仕方ないだろ…【画像あり】

昔の白衣の薄さがよく分かる写真がこちら

「白衣」の画像検索結果

白衣(はくい、英: White Coat)は、業務等において着用する主に白色または淡色の外衣のことである。 主に医療従事者、衛生・調理従事者、実験従事者等が着用する。学校の給食配膳などの場面では児童・生徒も着用する。

白衣の着用には、衛生、災害予防、制服としての機能があり、主に汚れや洗濯に丈夫なポリエステル製の白衣が多いが、薬品や火傷や火に耐えるよう綿で作られているものもある。 「白衣」という名称の示す通り、その多くは白色であるが、必ずしも厳密に色が白に限定されるわけではない。研究者やエンジニアが着る物には青や緑の白衣も存在し、色が付いていても「白衣」と呼ぶ。

ケーシー型白衣はドラマ「ベン・ケーシー」のために発明された白衣ではなく、もっと以前より存在している。元々は理容師の制服を発祥とするセパレート型の白衣である。 近年は利便性からスクラブが着用されることがある。

半袖で首元はVネック、洗濯が容易で色も青やピンクを始めとした様々な色が存在する。ところで、神職、巫女、皇族などが儀式を行う時などに、僧侶も法衣の下に白衣を着用する。この白衣は絹、綿、麻製などで、着物状であり、その下には白襦袢を着る。また白衣には白帯を用いる。これらは夏用と合用がある。なお、白衣は「はくえ」、「びゃくい」、「びゃくえ」などと読む場合もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%A3

↓↓次のページに続く↓↓