【ヒエッ…】日本昔ばなしの「にんげんっていいな」の歌詞に隠された秘密がヤバ過ぎる…

日本昔ばなしの「にんげんっていいな」の歌詞に隠された秘密がヤバ・・

 

有名な歌詞ですよね~

一度は耳にしたことがあるのではないでようか??

日本昔ばなしの「にんげんっていいな」に隠された秘密が話題になっています。

 

日本昔ばなしの「おしりを出した子いっとうしょう」の意味…
闇深すぎる…

さまざまな民話や童話を題材にし、
高い人気を誇ったテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」。
TBS系列で1976~1994年まで放映され、
子どもの頃に欠かさず観ていたという人も多いと思います。

アニメ本編もさることながら、
エンディングを楽しみにしていたという人もいるかもしれません。

特に1984年からのエンディング曲「にんげんっていいな」は
親しみやすい楽曲とかわいらしいアニメーションに定評がありました。

そんな日本昔ばなしの「おしりを出した子いっとうしょう」という歌詞が
実は怖い意味なのではないかと話題になっています。

 

おしりを出した子いっとうしょうの意味

■くまのこみていたかくれんぼ

子熊が草むらから子供たちを見ていた

■おしりをだしたこ一等賞

草むらで用を足そうとしたら熊の餌食になった。
小熊の近くには必ず親熊が居るので

 

↓↓次のページへ続く↓↓