【唖然】モアイ像の下に埋まっているものがヤバ過ぎる!!なんでこんな造りにしたんだよww【画像あり】

モアイ像の下に埋まっているものがヤバ過ぎ・・

 

モアイ像の謎…
下に埋まっていたものがエグかった…

謎に包まれているモアイ像
南米のチリに位置するイースター島には数々のモアイ像があります。

一般的に思い浮かぶのが地上から顔だけ覗かせて目の辺りが窪んでいるモアイ像。

いつ、誰が、何の目的で、どのようにして作ったのかなどは未だに解明されていません。

イースター島のラノ・ララクという場所には
様々な製造途中のそんな謎多きモアイ像が存在しているようです。

モアイ像の下に埋まっていたもの
モアイの『製造工場』と呼ばれるラノ・ララク
エル・ヒガンテと呼ばれる大きさ21メートル
重さ推定180トンの巨大なモアイ像や正座したモアイ像まで
このラノ・ララクにあるといいます。

他にも運搬途中のもの地上に肩口まで出ているものなどが存在しているようです。

カリフォルニア大学の調査チームは
製作途中と思われるものや肩口まで出ているモアイ像を掘ってみたようです。

こちらが掘り進めている様子。

元から地上に出ていたところと掘ったところで色がくっきりと分かれていますね。

掘り進めてみるとがっつり胴体が出てきました。
体は地面に埋まっていたようですね。

しかし、どれだけ掘っても足が出てきません

↓↓次のページへ続く↓↓