【真相】島唄の歌詞の本当の意味がこちら。これを学校で歌ってたのか…

島唄の歌詞の本当の意味が・・

THE BOOMの名曲・島唄の本当の意味…

知ると涙が止まらない…

 

沖縄民謡の調べと、独特の歌詞で若者から大人まで支持された
THE BOOMの大ヒット曲「島唄」。

1993年6月21日、「島唄(オリジナル・ヴァージョン)」が全国発売となり、
150万枚以上を売り上げる大ヒットとなりました。

今回はそんなTHE BOOMの名曲『島唄』の本当の意味を紹介します。

大ヒットとなったTHE BOOMの名曲『島唄』
当時、THE BOOMの名曲『島唄』は
全国発売の要望もありましたが、沖縄出身でもないし、
当時の沖縄ブームに便乗するのも嫌だと言う事で固辞。

しかし、沖縄出身の議員から「島唄は沖縄音楽のコピーだと非難されてるが、
魂までコピーすれば立派なものだ」と応援され、
島唄の全国発売に踏み切ります。

結果は累計170万部の大ヒットになりました。

さらに、2001年、アルゼンチンの歌手アルフレッド・カセーロが
無断で勝手に日本語のまま島唄を歌い、現地で大ヒットしました。

宮沢氏が現地に行った時、カセーロ氏から謝罪され、
カバー代金も払うと言われましたが、
多くの人に聴かれるのは本望だと無償で許可。

↓↓次のページへ続く↓↓