【真相】『ドッキリはドッキリではなかった』テレビ業界の暗黙のルール3選

『ドッキリはドッキリではなかった』テレビ業界の暗黙のルール・・

 

ドッキリのテレビ番組が面白くて放送ある度に観てる、なんて方も多いのではないでしょうか??

が…

『ドッキリはドッキリではなかった』テレビ業界の暗黙のルールとは

 

ドッキリテレビ番組

「ドッキリ」の画像検索結果

ドッキリとはバラエティ番組の表現手法のひとつ。番組進行を知らない、進行だけ知らされている出演者をだましたりイタズラを仕掛けたりして、出演者の反応を楽しむという手法。

語源は「ドッキリする」という心臓の鼓動が高まるほど驚く様子を表す言葉である(後述の元祖どっきりカメラの影響)。最後にネタばらしを行うが、ネタばらしは仕掛け人と呼ばれる進行役が番組名や「ドッキリ」と書かれたプラカードを持って登場する方式が多い。

また、現在では行われるものにしてもお笑いバラエティ番組が中心であり、ターゲットもお笑いタレントやバラエティで自らが笑いの対象にされることを許容している芸能人が大半であるため、果たしてターゲットを本気で驚かせるドッキリの企画なのか、それともドッキリ番組の体裁を利用したパロディとして脚本の下で制作されている計算づくの企画なのか、判別の付かない様な内容のものも多い。さらに言えば、ターゲットとしていわゆるリアクション芸人ばかりを並べるなど、ドッキリの体裁を利用して芸人のリアクションで笑わせるパロディであることを事実上最初から明示しているような企画も珍しくはない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%AA

 

↓↓次のページへ続く↓↓