【号泣必至】西城秀樹の告別式で、親友の野口五郎のコメントがマジで泣ける…こんな告別式もあるのか【全文】

西城秀樹の告別式で野口五郎がコメントした内容が…

西城秀樹と40年以上も前から交流のある、野口五郎が告別式に出席しました。

告別式ではその人に対しての弔辞を簡単に述べますが、野口五郎は親友である西城秀樹に対して今まで共に歩んできたことを話していました。

その内容があまりにも心に染みると話題になっているのでご紹介します。

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年4月13日 – )は、日本の歌手、俳優。本名は木本 龍雄(きもと たつお)。広島県広島市出身。アースコーポレーション所属。身長181cm。
 
default_73c741387a0e1055a0319d0e38564f18

 

私生活では、大阪在住で元・会社員だった女性と2001年6月30日に結婚。2002年6月3日に長女が、2003年9月1日に長男が誕生する。
 
saijyohideki

2003年、ディナーショーのため訪れていた韓国で脳梗塞を発症。朝に症状がありながら、その夜のディナーショーをやり通して、さらに空路帰国して入院。
懸命のリハビリにより1か月で復帰会見に臨んだが、実は一部声帯の神経をやられ、歌手にとっては致命的ともいえる歌どころか言葉自体を正確に発することができない構音障害を発症しており、引退を発表するつもりだったという。「すぐに結論を出さずゆっくり治していけば」という夫人の言葉で、芸能活動を継続しながら回復に励む道を選ぶ。
 
houchi001

2011年に脳梗塞が再発していることが判明、東京都内の病院で入院する。右半身麻痺の後遺症が残ったが、リハビリに水中運動を取り入れ、筋力をつけることで立つことには支障が無くなり、再びステージに立つまでに回復した。
 
63a742e2

2018年5月16日23時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で逝去。63歳没。

 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9
 
野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 – )は、日本の歌手、俳優である。本名、佐藤 靖(さとう やすし)。岐阜県美濃市出身。オフィス・ジー所属。 新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。血液型はA型。妻はタレントの三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。
AS20180517002757_commL

岐阜県美濃市に生まれる。曽祖父は人形浄瑠璃の太夫、両親はアマチュア楽団「青空楽団」の歌手同士。本来、家族会議で「直樹」と命名するつもりだったが、父親が家族に許可を得ずに「靖」という名前で出生届を出したという。
 
1966年10月、フジテレビの『日清ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い優勝。中部日本放送の『どんぐり音楽会』に出演し、ザ・ワイルド・ワンズの「青空のある限り」を歌い1位となる。
 
1971年5月1日、当初は演歌歌手としてシングル曲「博多みれん」でデビュー。キャッチフレーズは「青い木の芽の、はだざわり」で売り出した、が、同曲のセールスは全く振るわなかった。
 
1973年4月9日、「オレンジの雨」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。続く「君が美しすぎて」は第3位にランクされ、第24回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。西城秀樹・郷ひろみと共に新御三家と呼ばれて、一躍トップアイドルの仲間入りを果たす。
 
1974年11月25日、「甘い生活」で初のオリコン週間チャートの第1位を獲得
 
私生活では長年独身を通していたが、2001年に三井ゆりと北マリアナ諸島のロタ島で挙式
 
2002年6月5日、2780グラムの第一子となる女児が誕生。2004年5月2日、2994グラムの第二子となる男児が誕生。
 
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E
 
↓↓次のページに続く↓↓