【永久保存版】デビュー直後の壇 蜜の仕事内容やばすぎww画像、動画まとめ

本名は?芸名の由来は?

壇蜜さんの本名は、
「齋藤 支靜加(さいとう しずか)」さんというそうです。

芸名の「壇蜜」は、
ご本人が考案されたもので、

「壇」は仏壇からとり、
「蜜」はお供え物を意味しているのだそうです。
すごくシュールな芸名ですね~

冒頭でも少し触れましたが、
壇蜜さんの芸能界に入られる前のご経歴が、
かなり珍しいので、ご紹介します。

大学時代には、教員免許を取得されましたが、
卒業後は、栄養学の専門学校へ通われ、調理師免許を取得。

和菓子工場勤務を経たあと、
なんと、葬儀の専門学校へ通い、研修を受け、
遺体衛生保全士資格という資格を取得されたそうです!

 

もともとは、やりたいことが見つからず、
お母さんとお母さんの友達の3人で、
和菓子店を始めようということになり、
お菓子職人を目指していた、壇蜜さんですが、

お店の開店準備を始めた頃、
突然、お母さんの友達が亡くなってしまいます。

大切な人を亡くしたショックから、
「死」を意識するようになり、
人の死に携わる仕事がしたいと思い始めたのだそうです。

それが、壇蜜さんの様々なご経歴の
理由だったのですね。

そして、
銀座の高級クラブににも、
勤務されていたことがあるんだとか!

これはなんとなく納得ですが、
週刊誌「週間新潮」の取材に、
当時の壇蜜さんを知る、銀座のママが、

これまで雇った、どの女の子と比べても、
存在感が抜きん出ていました。

当時から「この子は大物になるだろうな」と感じていました

と、壇蜜さんの印象を語っておられました。

壇蜜さんは、当時から、
すでに独特の存在感を放っておられたようですね。

茶髪で巻髪が主流だった女性たちの中で、
壇蜜さんだけ、今と同じ、ロングの黒髪だったというのも、
壇蜜さんを際立たせた理由だったようです。

勉強家でどんな話題にもついていけるところや、
身のこなしの良さが、壇蜜さん独特の魅力で、

上場企業のえらい人や、年配の人たちを中心に、
壇蜜さんの指名はダントツだったのだとか!

デビューは?

壇蜜さんは、2009年、
28歳の時に、ゲーム「龍が如く4 伝説を継ぐもの」
のオーディションを受けられ、見事合格。

 

その後の活動内容はご存知の通り!!

↓↓本編はこちらから↓↓