【末路】親友「彼の元彼女が、玄関のドアをガンガン叩いて叫んでる!」私「絶対にドアを開けるな!」⇒ とんでもない事態に…

親友「彼の元彼女が、玄関のドアをガンガン叩いて叫んでる!」私「絶対にドアを開けるな!」結果・・

 

私代
A子(私代と同じ学校親友)
B美(私代と同じ学校、それほど親しくなかった)
C男(私代と同じ学校の先輩、学生時代からのB美の彼氏)
B美妹(私代の弟の彼女)

それぞれ社会人になって、私代の弟の彼女であるB美妹から
「姉が私代と同じ学校の同じ学年で、同じ学校の先輩と当時から今も付き合っている」
という話を聞いた。

それから半年位して、A子と会っている時に
「同じ会社のC男と付き合っている」
と聞かされた。A子はC男がB美と付き合っていたのは知っていたし、私もC男とB美は別れていたと思っていたので、深くは考えずにのろけ話に付き合った。

その後もA子とC男は順調で、親への紹介も済み、早い時期からお互いに結婚を意識していたようだ。
そんな中、A子が妊娠。さくっと婚姻届を出して、新居での新しい生活が幸せいっぱいでスタート。

ここで出てきたのがB美。どうやったのかA子夫婦の新居をつきとめて、突撃。

ビビッたA子が私にも連絡してきた。

「C男の元彼女が、玄関のドアをガンガン叩いて叫んでる。
 C男は今買い物に出ていて、携帯を持っていない。」

会社から車で10数分の距離だったので
「絶対にドアを開けるな」
と釘を刺して、A子夫婦の新居に急いだ。電話口でも聞こえる位のファビョりっぷりだったので、A子とおなかの子が心配に。
絶対に途中男手があった方がいいかと、弟(その時は授業のない日なのを知っていたので)も召集。

現場に着くと、A子宅のドアがボコボコに凹み、隣近所から野次馬も湧いていた。

 

とりあえずB美をドアから引き離して、事情を聞く事にした。化粧が流れて鼻水と涙でグチャグチャになったB美が言うには
「学生時代からずっとC男と付き合っていて、結婚の約束もした。急に結婚したと聞いて、確かめに来た。」
と言う事だった。途中何度も何度もドアに向かって、泣き叫ぶB美。何度も引き離す私。

その後弟の到着を待ってA子宅で話し合う事に。

暫く待つと弟と一緒にB美妹も来た。実はこの日の数日前に
「C男の事で話がある」
と弟からメールを貰っていて、私はその頃家を出ていたので話せないままだった。

 

↓↓次のページへ続く↓↓