【奇行】飛行機内で女性が突然、履いていたアレを掲げたと思ったら次の瞬間…【動画あり】

飛行機内で女性が突然、履いていたアレを掲げたと思ったら次の瞬間・・

 

飛行機の機内で女性突然…

履いていたアレを掲げwww

(画像あり)

 

 

ユーモアあふれる飛行機の機内放送いろいろ

「飛行機機内アナウンス」の画像検索結果

お客様への対処なら日本ほどサービスが行き届いている国もそうそうありませんが、ユーモアという面になるととたんに得点が低いのも日本です。

飛行機に乗ると乗務員だけでなく、最近は機長が自ら挨拶とともに機内放送をしてくれます。

日本の航空会社でも欧米にならってか、機長の放送を聴くようになってきましたが、ユーモア交じりということはまずありません。

実際にあったという、欧米のユーモアあふれる面白い機内放送をご紹介します。

1.「非常に年配の乗務員のいるヨーロッパのフライト」と機長が述べたあと、「みなさま、自動操縦の高度に達し、まもなく機内の照明を消しますが、これはお客様の快適さと、乗務員の見た目の向上のためでございます」

2. 着陸時に乗務員が、「お手持ちの荷物は必ずお忘れのないよう確認してください。もしお忘れになる場合は私たちが欲しがるようなものをお願いします」

3. 「恋人と別れるには50の方法(Ways)がありますが、機内から外に出るには4つの非常口(Ways)しかありません」

4. メンフィスで雷を伴なう嵐の中を激しい着陸したあと、ノースウェスト航空の乗務員が放送した内容。 「頭上の荷物棚のドアをお開けの際はお気をつけください。 今の着陸ですべての荷物が移動したことは間違いないと思われます」

5. 「到着地の気温は10℃で、まだら雲(直訳:壊れた雲)になっていますが到着までに修理してみようと思います。本日はご搭乗ありがとうございます。他人は、サウスウェスト航空ほど、お客様やお客様のお金を大切に思ってくれないことをお忘れなきようご注意ください」

6. 「当機をお降りの際には手荷物をお忘れのないようご注意願います。お忘れになった持ちものは公平に乗務員の間で分け与えられます。特に子供や配偶者を置き忘れないように願います」

7. ニューヨークを離陸し、快適な高度になってからの機長のアナウンス。「みなさま、私が機長です。この293便はニューヨークからロサンゼルスまでの直行便でございます。天候はよく、フライトはスムーズで快適と思われます。みなさまはゆっくりとお座りになって…おーまいがっ!!」 その後放送が途絶え、沈黙が続きました。しばらくしてから再び機長の声がスピーカーから聞こえてきました。「みなさま、先ほどは驚かせてしまって申し訳ありませんでいた。乗務員の一人が私のひざにコーヒーをこぼしてしまいました」

 

こんな放送があったら面白いですよね^^

 

飛行機内で女性が突然、履いていたアレを掲げたと思ったら・・

 

↓↓次のページへ続く↓↓