【真相】線路に石が敷き詰められている理由、そして地下鉄には敷き詰められていない理由がこちら

線路に石が敷き詰められている理由、そして地下鉄には敷き詰められていない理由が・・

 

線路に詰められた石の意味…
あまり知られていない工夫があった…

 

私たちの日常生活の中にはあまり知られていない雑学や
見えない工夫が溢れています。
線路に敷いてある石もその一つ。

線路の石はただ置かれているわけではなく、
きちんとした理由があります。

 

線路に詰められた石の意味

線路に敷いてある石はバラストと呼ばれ
線路に電車が通過するために必要不可欠となっています。

硬そうに見える鉄のレールですが、
電車が通過する時に電車の重みで下に歪みます。

その石はその重みを支える役目をしています。
つまり、その石は線路のクッションになっていたのです。

また、枕木にかかる荷重が無数にある石によって
力が分散されるため、振動が少なくなります。

振動がなくなることで
周囲の民家や電車内の騒音が軽減される効果があります。

さらに、線路の水はけがよくなるメリットもあります。

もし、水はけが悪かったら線路のレールは鉄でできているため、
あっという間に線路が錆びてしまうことになります。

雨が降っても水が石の間から
下へ下へと流れていき水が貯まらないので
線路の劣化防止、枕木の腐食も起こしにくくなるという役割もあるのです。

 

↓↓次のページへ続く↓↓