【秘匿】『沈没所要時間は2時間40分ではなく15分』映画では伝えなかったタイタニック号の事実12選

『沈没所要時間は2時間40分ではなく15分』映画では伝えなかったタイタニック号の事実・・

 

映画では伝えなかったタイタニック号の事実12選…
豪華客船タイタニック号の悲劇…

 

タイタニック号とは

タイタニック号はレオナルド・ディカプリオ主演の映画
「タイタニック」でも有名になった実在する豪華客船で
処女航海中の1912年4月14日の深夜から未明にかけて沈没してしまいました。

2200名を超える乗客のうち、救助されたのはわずか750名ほどです。

 

映画では伝えなかったタイタニック号の事実12選

1.ベルボーイたち

タイタニック号には乗客の荷物を運んだり、
雑用をこなすベルボーイたちも乗船していました。

一番年長のベルボーイでもわずか14歳という若さで全員が海の底に沈みました。

 

2.危険信号

タイタニック号は事故が起こる事前に衝突した氷山について
危険信号を察知していたそうです。

それでもスミス船長はこの情報を信じなかった上に
この船の所有会社の経営者だったブルース・イズメイが
無視するように通達を出したために
このような悲惨な事故が起きてしまいました。

 

3.最も若い生存者

生後10週で家族と一緒にタイタニック号に乗車していた
エリザベス・グラディス・ディーンさん。

エリザベスさんは2009年に98歳で他界しましたが、
事故当時は最年少でかつ最後の生存者でした。

 

↓↓次のページへ続く↓↓