【あの家は今】鬼怒川決壊でただ1棟だけ残ったヘーベルハウスの現在がこちら【画像あり】

鬼怒川決壊でただ1棟だけ残ったヘーベルハウスの現在が・・

 

鬼怒川決壊で話題となった奇跡の家ヘーベルハウスの現在…

鬼怒川決壊で話題となった奇跡の家ヘーベルハウスの現在…
切なすぎるんだが・・・

 

鬼怒川決壊で住宅多数が流される
1年前の鬼怒川決壊。
台風18号から変わった低気圧の影響で、関東や東北では10日も雨が続き、
栃木県や福島県では50年に1度の規模の記録的な大雨となった。

茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し、住宅が流され、市街地が広範囲に浸水。

しかし、そんな状況の中、
なぜか1軒だけ流されずに残った奇跡の白い家ヘーベルハウスを覚えてますか?
他の家が次々と流される中、ベランダで助けを求める親子の姿はあまりにも衝撃的でした。

この家の持ち主の40代の男性は「元々この家を建てるときに、
ヘーベルハウスさんなんですけど、『家にいたほうが安心だよ』というのを聞いていた」と話し、
以前から災害時は家に留まるよう、家族で話をしていたという。

その後、親子は無事に救出され「奇跡の家」も無事に残ったはずなんですが・・・
1年経った家が「とんでもない姿になってるwww」と話題になってます。

 

鬼怒川決壊でただ1棟だけ残ったヘーベルハウスの現在が・・

 

↓↓次のページへ続く↓↓