【愕然】父が謎の業者を招き入れていた → 父が離れたすきに、私「父は何をしようとしているんでしょうか?」業者「実は…」私「ハァーー!?」→マジで頭おかしかった…

2018年6月28日

父が謎の業者を招き入れていた → 父が離れたすきに、私「父は何をしようとしているんでしょうか?」結果・・

 

家

48: 
3年前のこと。

大規模小売業勤務の私は、普段から平日が公休なんだが、

その日はローテーションの関係でいつもとは違う曜日に休みをとって

自宅にいた。

昼前、いつもの時間に母が買物に出た直後、誰かが訪ねて来た。

いつもは応対になど出ない父親が、さっと居間へ招き入れ、

なにやら上機嫌で話をしている。

父親とは普段から反りが合わないし、

見栄張りでつまらない家電買わされたり

工事代金ボられたりしてる人なんで、

その来客もその手の手合いかと正直興味は無かった…んだが、

その日はなんだか感じが違った。

今思うと『虫の知らせ』ってヤツだったんだと思う。

居間とは反対側のドアから台所に入って、

自分のコーヒー入れながら聞き耳wを立ててたら

「ショッピングモールにもお近いですし…」

「業者」の画像検索結果

「駅まで歩いて行ける範囲…」

「築年数は、まあこちらくらいでしたら…」

という会話の切れ端が聞こえてきた。

なにこれ?不動産屋?どゆこと?

頭の中でアラームが鳴り響いていた。 

「じゃあ、まず外廻りを見てもらおうか」

 

↓↓次のページへ続く↓↓