【終了】夫がソシャゲで100万以上課金してた。夫のゲームにログインして、レアなキャラを全て売却した結果…

2018年6月26日

夫がソシャゲで100万以上課金してたので夫のゲームにログインして、レアなキャラを全て売却した結果・・

 

1
誰にもひとつやふたつは秘密はある。

しかし、それが「黙っていると周囲の人のも迷惑をかける」種類の場合、

口を突っ込む必要が出てくることもあるだろう。

■140万円の金を肩代わり

投稿者の女性はある日、夫の洗濯物のポケットから支払明細書を発見。

確認したところ、彼は投稿者に隠れて金を重ねていることが発覚した。

出費先はソシャゲ(ソーシャルゲーム)。

毎晩のように高額の金を突っ込んでおり、年末年始に至っては

「リボ払いの大盤振る舞い」で、金は140万円に及んでいた。

投稿者は自分の貯金からそれを返済。

その後、詳しくクレカの利用明細を確認したところ、

「お金がもったいない」と安く済ませた新婚旅行の夜に

3万円を使っているなどの衝撃事実が判明していく。

■ゲーム内で「隊長」と持て囃され…

投稿者は夫のゲームにログインすると、

レアなキャラクターたちをすべて売却。

100万以上かけた電子データを、

「意味のない数字の羅列」に変えたという。

その後、

3年間で自分が170万円もゲームにつぎ込んでいたことを知った夫は、

さすがに反省したのか投稿者に協力的な態度に。

 

↓↓次のページへ続く↓↓