セフルサービスのスタンド店員が『静電気除去パッド』に触れない理由がこちら

2018年6月26日

セフルサービスのスタンド店員が『静電気除去パッド』に触れない理由・・

 

ガソリンスタンド店員が静電気除去パットに触れない理由…

意外と知られていない理由があった…

セルフ給油をしているドライバーなら

ご存知のように給油前には静電気除去をすることは必須とされ

そのためにタッチパッドが用意されています。

しかし、フルサービス式のガソリンスタンドでは

給油前のスタッフが静電気除去パッドに触れるなどの行為を

していないのに気づいていましたか?

今回はその理由を紹介します。

 

静電気除去パットに触れないといけない理由

あなたはガソリンの給油前に静電気除去パッドに触れていますか?

ここに触れてください。

と書いてある10cmほどの黒いシートです。

給油前にあのシートに触れていないと大きな事故に繋がりかねません。

まず、静電気についてですが体と衣類や衣類同士、車の場合で言うと

座席と衣類の摩擦などによって発生した電気が溜まったものです。

冬場は特に乾燥によって静電気が発生しやすいと言われています。

セルフのガソリンスタンドでは自分で給油します。

給油しようと車から降りる際にも座席との摩擦で静電気が発生します。

 

↓↓次のページへ続く↓↓