【新事実】ブラックビスケッツの解散事情。実はメンバーと・・・ビビアンの現在は?

ウッチャンナンチャンのウリナリ!!で誕生したブラックビスケッツ

紅白歌合戦に出場するほどの人気があったが、現在当時の映像はほとんどテレビで流れていません。

それにはテレビでは話せない裏話がありました。

 

一世を風靡したブラックビスケッツ

ブラックビスケッツは『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の企画の中で誕生した
「ポケットビスケッツ」にライバルとして対抗したユニットです。

ポケットビスケッツのメンバーがウッチャンナンチャンの内村光良、タレントの千秋、キャイ~ンのウド鈴木だったのに対し、
ブラックビスケッツはウッチャンナンチャンの南原清隆、台湾出身タレントのビビアン・スー、キャイ~ンの天野ひろゆきである。

ポケットビスケッツを潰そうとする悪役として活躍していた

グループ結成当初の活動は「ポケットビスケッツ」のライバルとして、「ポケットビスケッツ」を潰そうとする悪役として活躍していたが、対決企画で負け続けていくうちに路線を変更した。

その後シングル「Timing」を発売し、CD出荷枚数200万枚という大ヒットを記録した。
またポケットビスケッツと共に1998年の紅白歌合戦にも出場を果たしている。

ちなみに当時、ポケットビスケッツに働いていた悪事は、当然ながら番組の台本であったが、
ポケットビスケッツの人気が高かったためか、真に受けた視聴者も多かったようで批判や苦情が多かった。

最近はテレビで放送されていない…

紅白出場も果たした「ブラックビスケッツ」だが、
なぜか現在のテレビではほとんど当時の映像が流れることは無い。

実はそこにはこんな事情があった。

 

⬇⬇続きは次のページで⬇⬇