【舞台裏】大食い番組の出演者たちの過酷すぎる現場。ギャル曽根が大会に出ない理由とは

1989年にテレビ東京で放送が開始された「全国大食い選手権」。

そこから大食いで競う番組は大ブレイクし、ギャル曽根をはじめとして多くのフードファイターたちにも人気が集まりましたよね。

私たちとは身体の作りが違うのだろうと思い見ていた方も多いのではないかと思いますが、実はこのバトルに勝利するため、舞台裏には知られざる真実があったのです。

 

骨皮状態のファイター達。そして、収録現場の悪臭・・大食い番組側はフードファイターに対してかなり劣悪な環境を与えているようなんです。

そんな知られざる鬼畜の大食い番組の裏とは?

大食い番組の闇

番組の実態

普通の人が物凄い量を食べる」これがウケた大食い番組。

その人気を支えたのはギャル曽根さんに代表される「普通の人、細い人、若い女の子」でした。

しかし、これに番組側が固執し続けた結果、裏では悲劇が生まれていました。

だって、これを見ているあなた!こんなに食べれますか?無理でしょ?

 

大食い選手権見学者の話

なんと!大食い王決定戦を観戦した人に、番組側はこんな通達を出したそうです。

 

見学者に言い渡されるコトとは??

↓↓続きは次のページで↓↓